ビジネスにおける通信で、電話機はなくてはならない機器です。

オフィス内に1人1台の電話機を設置している会社もかなり多いです。

そのような会社において新しいオフィスを設置する場合は、多くの電話機の新・増設が必要となります。

しかし、ビジネスフォンの価格は通常、家庭用電話機に比べて高く、多数の電話機をそろえると結構な出費となります。

その解決策の1つとして、中古電話機の購入があります。

様々な理由によって使用済みの電話機が中古市場に放出されています。

それを購入することによって、出費を抑えることが出来ます。

通常、新品の数分の1レベルまで値下がりしていますので、かなり経費節減に貢献します。

電話機はパソコンなどに比べて故障しにくく長持ちしやすいため、中古品を買っても特に問題はありません。

また、全てを中古品で間に合わすのではなく、例えば、電話を使う頻度が高い部門には新型の電話機を設置して、電話をあまり使わない部門には中古電話機を設置するという選択をすることも出来ます。

逆に、最新型の電話機を導入する場合などにより、現在使用している機器が健全に動作しているにもかかわらず不要になった場合は、買い取り業者に売却すると、売却益を得ることが出来ます。